FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

若きハロルドの冒険 母の肖像  

20140408234222db4.jpg


此の美麗いイラストは limeさんが描かれた作品です。
うーーん 縮尺がいまいち状態なので limeさんのブログを尋ねて 是非 大きな状態で見て下さい。

凄く刺激的なイラストなので 掌編を一本書いてみました。
若きハロルドの解けなかった謎です。

興味のある方は 下記からどうぞ。





      
      若きハロルドの冒険 母の肖像



「我が 黴と埃と伸びきったスパゲティーの城へようこそ 歓迎する。」

本来であるのならば 此処は此の事務所専属のシェフ特製の「自然への回帰 小麦の微睡み 二十五分パスタ」で
歓迎の意を表したいのだが…
我が下僕は 愚か者の教科書の如く 春の陽気に誘われて 水辺へと出かけてしまった。
私は 春の野菜は甘く香しいと語ったはずだか 何故 そこで水辺なのかが 聊か理解に苦しむ。
まぁ イースターエッグのチョコを食べ過ぎた 三月ウサギは放置するとしてだ…

せっかく訪問頂いたのに 何等余興が無い事には無聊で詰まらぬ 私の趣味に合わない
そこでだ 私の若き頃 まだ蒼白き頬の麗しき美少年であった頃の敗北を 解く事の叶わなかった謎を語ろうか。

では まず 貴方は御存知かな。
時代のあだ花 仮にノーネム N と呼ぼうか。
此のN は… Nという抽象画家は 生まれた時代が悪かったのか 場所が悪かったのか いや 運が悪かったのか
自身のすべてを画に捧げたのだが 其の手で掴み取れたのは下卑た煽情的な称号だけ そう 時代のあだ花と。

ええ 御存知ないですか 其れも仕方がない。
N は 異端過ぎたのですよ。

そう 白皙の美少年の私は… 俗に言う中二病を患い 極東の神秘の島国に興味を抱き…
言語から始まり 様々な文献を貪るように読み漁り 餓えたように知識を取り込む。
そこで 見付けた あだ花。

自身が知らない抽象画家 知らないと言う事にプライドと知識欲がくすぐられて 私は此のあだ花を追い続けた。

綺羅星の如く才能が犇めいていた 百年程前に活躍した異彩な抽象画家。
赤貧な母子家庭で 母と子一人状態でありながら 日々の糧を得る様な仕事に就く事無く 画を描き続け
また 母も支え続けた。
だが 理解される事無く 偶に画商が持ってくる意に沿わぬ仕事をこなし…
この程度の横顔しか残されておらず 此のあだ花については書物一冊すら 書かれていない。

私は 其の抽象画家が描いた たった一枚の肖像画 「母の肖像」と名付けられた画に魅せられた。
原色を塗りたくった様な抽象画を描いていた あだ花が 淡く深く透明な 不思議な色彩で描き出した画。
極東の島国特有の学生が纏うと言う服装 般若と言う女の鬼の面を持ち 妖しい微笑を口の端に漂わせた少年。

何よりも 母の肖像と名付け乍ら 女性は描かれていない。
そして 此の学生は誰なのか。

ようような解説がつけられていた。
いわく 女性の二面性だの 時間軸がどうたらだの。

私にはね 此の画は… 此のあだ花が母の子宮で眠っていた頃の 幸せな記憶なのではと思えてしまうのですよ。

そう 突拍子もない考えだと笑うでしょうね。
でも 此の後ろに描かれた桜と言う花は あだ花の血で薄く薄く 描かれている。
何故 自身の命である血を滴らせて描いたのでしょうね。

今となっては 何もかも解らない 全ては憶測。
此れが 私の解けなかった謎 稀代の名探偵の始まりですよ。

スポンサーサイト



category: 探偵もどき ショート

tb: 0   cm: 8

コメント

ハロルド^^

ウゾさんも書いてくださったんですね! すっごくうれしいです。
そしてまさかのハロルド。なんと、彼の解けなかった謎がこの絵とは。そして今でも憶測に留まってるのですね。
なんだか、ちょっと してやったりで、うれしかったり(失礼な)
あだ花の残した、作品名としっくり合わない絵。
自身の血で描いたっていうのがなんとも恐ろしげでもあり、でも似合いそうでもあり。
まだ羊水に浮かびながら眠っていた頃の記憶かあ~。
これ、なんだかわかるような気がしますね。人が一番幸せな時期なのかも・・・。
ハロルドの推理は、いい線いってるのかもしれませんよね。
でも心とは決して解き明かせない謎。
解けない謎を、一生抱いて行ってねハロルド。
ハロルドが探偵…いや、名探偵になった切っ掛けの絵だったとしたら、なんだか光栄です。
ワトスン君には、気の毒でしたw
ウゾさん、掌握、とても楽しかったです^^

URL | lime #GCA3nAmE
2014/04/13 01:58 | edit

lime さん へ

 こんばんは。
うん 切り口がありきたりかなぁと思ったのですが… 何となく書いてしまいました。
自身の血で描く桜って… 横溝か江戸川かって感じですね。
うーーん 後一歩踏み出せば グロくなりそう。

うん 生まれる前の記憶 母とへその緒を通じて繋がっていて 命を母にゆだねている。
母の気持ちが そこはかとなく解るのかもなぁと思えてしまうよ。

ハロルドですからね… 意地っ張りですからね 何時までも覚えているでしょうね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/04/13 18:54 | edit

わ~い

ハロルド節だぁ。何だかちょっと懐かしくて(だって、ちょっとご無沙汰?)、うれしくなっておりました。
そして、なるほど、この絵が名探偵の原点だったとは……
確かに、血で描いた絵って、横溝正史か江戸川乱歩か……どちらかというと江戸川乱歩かな。同じ猟奇的でも、方向性が違う……
このイメージは、かなり淫靡です。いえ、いやらしいというのではなくて、ものすごく大正か昭和の始め的な、何かが隠されたという意味でのエロティックなイメージで、結構好きな世界です。
そうかぁ、母の胎内……ハロルドはどうしてそんなイメージをすっと受け入れることができたんだろう。謎は謎のままだけど……ハロルドの洞察、深いです。
そして、これを書いているウゾさんがすごい。
楽しく拝読いたしました(*^_^*)

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2014/04/14 06:50 | edit

19:18に拍手コメント頂いた方 へ

 おはよう御座います。
うん 高校生活はまだ 本当に始まったばかりですからね 全てが手探り状態です。
でも 今週から色々と本格的に動くようなので 多少は解ってくるかなぁ。

アハハッーー解り難かったですか。
謎は提示しても 謎を解いてないですからね… 余計に解り難くなっているかも。
うん コメント書き易い時と 書きにくい時とあると思うのですよ 此れはコメント書きたいと思った時だけでいいからね。
無理はしないでね。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/04/14 07:00 | edit

大海彩洋さん へ

 おはよう御座います。
うんうん 久しぶりですよね ハロルド…
桜の頃に日本に遠足に行く筈だったのに… すっかり暑い夏の遠足になりそうです。
全ては… インフルエンザが悪い!!!! いや 尋青年終わらせないと 次ぎ取り掛かれないしね。
ハロルドと飲んだくれピアノ弾き 其れに学園もの 尋青年が終わったら 此の三本に 出来ればワタリガラスも ゆるゆると進めたい… 無謀だなぁ、

うん 自分で書いていて思いました 昭和初期だなぁ…と
目指したのは ハリウッド映画 インディージョーンズの若き冒険のような渇いた感じだったのに…
書き始めると すっかり 昭和初期の探偵小説と言うか カストリ誌の雰囲気と言うか…
あの 般若ライダーのインパクトが凄すぎて… 何書いてもいい様な気がしてしまった…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/04/14 07:20 | edit

20:01に拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
うん 高校への道 桜咲いていたよ。
今は かなり散ってしまって 新緑がでてきている。
綺麗な 薄い緑色で キラキラだよ。

吉野山は 広いからねーー 確かに桜の頃は人多いけれど 凄く多い訳ではないよ。
桜の羊羹とか売っていて 凄く綺麗で 美味しかったよ。
吉野は 春だけではなく 夏も冬も綺麗だよ なんていうのか… 日本の秘境 隠れ里って感じで。

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/04/14 20:57 | edit

ほぉ

こんばんは。

発想がすごいですね。
何が描かれているかを題材にするのではなくて、描かれていないものを謎として掌編を書く。
う〜む、さすがです。
これは名探偵にも難しいでしょうね。

ハロルドが感慨深くこれを語っている間だけ、ワトスン君はつかの間の水辺の楽園を楽しんでいるのかなあ。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2014/04/16 06:07 | edit

八少女 夕さん へ

 こんばんは。
うん 何故か絵の謎を追うようなモノを書いてみたくて このようになりました。
あまり 捻りをくわえていないので 方向性がかぶる小説先に書かれてしまうかなぁと懸念していたのですよ。

ワトスン君は ゆっくりと日向ぼっこしながら 魚と戯れ 猫に脅され 休日を楽しんでいるかな。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/04/16 20:32 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/942-385f7970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)