FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

鳥…  

P3260160.jpg


そーいえば 日本の国鳥ってキジなのですよね。
何故なのかなぁーと 美しさで言えば 鶴だろうし 親しみやすさではスズメとか…
伝説で言えば ヤタガラスとか…

調べてみた結果… ずばり一番の理由は 日本固有種だからですね。
うんうん 此れは解るよ 鶴はウロウロするし… スズメってユーラシア大陸に広く生息しているし…

でも 理由の中に 大型で狩りの獲物に 丁度良くて 美味いって…
いいのか そーゆー理由で…
でも そーいえば フランスの国鳥って ニワトリだったなぁ…
選ぶ基準に 美味いって大事なのかも。


あっ そう言えば スズメって 何時も同じ所にいると思っていたのですが…
余り移動しない集団と 百キロ以上移動する集団とあるようですね。
何が理由で 二極化しているのだろう…

スポンサーサイト



category: 雑記

コメント

私もキジって、過去2回しか見たことないんですよ。
それも、一回は動物園(笑)
だけど、確かにあのオスの色合いは美しいし、渋くてかっこいいですよね。スズメが国鳥でなくて、よかったかもw(あ、スズメ大好きですけど)

キジは、狩猟対象の鳥なんですよね。
とても美味しいらしいです。
だけど、森であの美しい姿を見たら、とても銃口を向ける気は起らないような気がします。
あ、鹿もそうなんだけど。
でも鹿もおいしいし。←なんの話><

URL | lime #GCA3nAmE
2014/05/11 08:36 | edit

昔は

実家の近くでときどき見かけました。
大阪府内ですけれど、畑や林が結構あったので。
住宅街にはいないとしても、昔はその辺にいたのかも。
雉って……垂直に飛ぶので、出会いがしらはびっくりする……

国鳥って、やっぱりよく見かける鳥の方がそれっぽいですよね。
私もカラスはありかなぁと思いましたが。
スズメはありきたりすぎて、他の国と紛らわしい気がするし。
そう言えば、ニュージーランドはキウィだし、やっぱり固有のものっていうのが大事なのかしらね。

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2014/05/11 08:53 | edit

近所でうろうろしてます

 こんにちは。
 雉なら近所の畑や山でうろうろしてますよ。オスはとても綺麗ですね。メスは今の時期子供をつれていて可愛いです。でもちょっと目を放すと藪に隠れて、その後はさっぱり見分けが付きません。あの迷彩効果は軍隊なんか目じゃありませんね。
 国鳥が美味しいには大賛成です。やっぱり、絶滅寸前の鳥が国鳥だなんて寂しいし、只眺めるだけの鳥では味気ない。やっぱり生活に一番なじむ鳥こそが国鳥であるべきだと思います。となると、ニワトリ?いあいあ、国鳥がブロイラーってのも何か寂しいだしょ。

URL | miss.key #eRuZ.D2c
2014/05/11 10:31 | edit

キジ見た事がありません。
日本の国民でキジを見た事無い人は半数近くは居ると思います。
だから、クジャクくらい「珍しい鳥」と思って居ります。
  ↑
いや・・、キジとクジャクの区別がつかない国民も多いはず・・・・・↓

ゴメーーン★こんなコメントで・・。
それにしても、ウゾさんって物知り〜☆

URL | ペチュニア #-
2014/05/11 12:04 | edit

limeさん へ

 こんにちは。
僕も… 野生のキジは一度しか見た事ないですね。
子供の頃 近所の田んぼを歩いていた。

うん キジが国鳥に決まった時 狩猟対象から外そうかと言う話あったそうですが…
やはり 美味しいらしいですからね…
吉野では そーゆー野生の動物や川魚や山菜をメインにしている旅館ありますね。
吉野… なんか日帰りで行けるから… 泊まらないんだよなぁ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/05/11 13:06 | edit

大海彩洋さん へ

 こんにちは。
僕も子供の頃 近所の子供がキジの卵を拾って 温めていましたね。
野生では 一度きりですね 見た事あるの。

うん やはり馴染みのある鳥がいいですよね。
カラスは 伝説にでてくるので ありかなぁとも思うのですが… 他の国と被りますからね…
フクロウなんかも いいかなぁと思う スズメは身近だか ありきたりかなぁ。
そーいえば 国鳥決める時の候補に 鳩もあったのですよね。
うん 鳩よりキジの方がいいなぁ 確かに。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/05/11 13:14 | edit

miss.key さん へ

 こんにちは。
おおっーー 子供を連れてウロウロ歩いているとか!!! 可愛いだろうなぁ。
うんうん スズメもわら屑の中にいると 見分け付かないですからね。
あの迷彩効果は 軍隊の研究対象にうってつけですよ。

確かに… 絶滅寸前の鳥が国鳥は哀しすぎる… ニュースで国鳥である… の最後個体が とか聞きたくないなぁ。
うん そして ブロイラーもね… 何か違う…
やっぱり 野生の鳥で 元気でそこらへんにいてくれるが大事かも。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/05/11 13:26 | edit

ペチュニアさん へ

 こんにちは。
そうですねーー キジ都会では見かけないだろうし 田舎でも住宅地にはいないし…
クジャク… そーいえば 以前近所で ニワトリとクジャク一緒に飼っている方いたなぁ。
いえいえ こんないい加減な記事にまでコメント頂いて ありがたいですよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/05/11 13:31 | edit

え?

雉って日本の固有種だったんですね。
こっちにいるのと同じだと思っていました。
確かに雀も日本の雀と似てるけれどちょっと違うし、同じ訳語で話される似ている鳥でも違うんでしょうね。

日本らしいと言えばニッポニア・ニッポンだけど、もう一度絶滅しちゃいましたしね。(私はまだミドリやキンのいた頃とを知っている……)
私の住んでいる州の象徴は(鳥じゃないけれど)シュタインボックなのですが、一度絶滅しています。それをイタリアからもらってきて増やして現在に至ります。雉も徹底した保護政策で絶滅を免れることを願いますよ。あ、雉だけじゃないですけれど。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2014/05/11 17:47 | edit

八少女 夕さん へ

 こんばんは。
少し調べてみたのですが キジといっても 色々な種や亜種があるようで 日本でも本州と北海道では違うようですね。
うん スズメもアメリカにいる種は一回り大きくて 精悍な感じがするし…
うん ニッポニア・ニッポンは 一度絶滅していますからね…
キジ… 国鳥だけど狩猟対象ですからね… あまりないそうですよ 国鳥を狩猟してもいい国って。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/05/11 18:29 | edit

桃太郎の発想が多いのがキジですが。
その関係もあるのでしょうかね。
あまりその辺は自然に受け入れていたのは自分の出身にも由来するのかもしれませんね。綺麗だとは思いますがね。

URL | LandM #-
2014/05/12 18:54 | edit

19:22に拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
そうですよね キジって昔から狩の獲物ですよね。
大型で オスはとても綺麗な羽根だしね。

スズメのひな かわいいですよね。
ほんとに小さくて… 昨年の春 やっと飛べるようになったスズメなのか 蝶のようにヒラヒラと一生懸命飛んでいるのを見ましたよ。
とても可愛かった!!!!

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/05/12 20:37 | edit

LandMさん へ

 こんばんは。
それ あるでしょうね。
有名な昔話の登場人物で なじみがある 大きな理由ですよね。
うん キジが国鳥って 色々な方面から考えて妥当ですね。
大型で 綺麗な鳥ですよね!!!!

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/05/12 20:42 | edit

色んな考え方があるでしょうけど、
古い時代から親しまれて見映えも良く、食べておいしい鳥、
キジしか残らない気がしますね~笑
虫取りに行くと時々遭遇しますが、
野中でみるオスのキジの美しさと大きさは身震いするほどですよ。

URL | NYANKO君 #5p4vzfrw
2014/05/12 22:49 | edit

NYANKO君 さん へ

 おはよう御座います。
最終候補が キジとウグイスとハト だったとか…
うん この中からだと やはり キジになるかなぁ。
日本固有種って キジとヤマドリだけらしいですね ヤマドリってあった事ないですよ。

うん ある程度大きくて 綺麗 そして 親しみがあり美味しい。
此れだけの条件を満たすのは やはりキジなのかなぁ…

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/05/13 07:09 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/957-9f96d9a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)