FC2ブログ

百鬼夜行に遅刻しました

 オリジナルの小説を中心に 偶にゲーム 時々映画 稀にミステリー 膝には猫で お送りしたい所存です。

銀灰色の瞳  

PA160048_20140315184140502.jpg

色とモノシリーズです。
今回は銀色 少し 王道のファンタジーっぽくしてみました。

下記からどうぞです。


     銀灰色の瞳

「ようよう 誕生なされた。
月のない夜闇に鎖され 悪鬼すらも見捨てた刻に 予言通り 最後の王が生まれ落ちなされましたな。
光から見捨てられた夜闇の瞳… 全て 王都の天空の予言者の言葉通り 伝承通りか… 」
広い広い 唯 唯 豪奢で 歴史の悪癖を積み上げたかのような 
豪華で奢侈で 虚しいばかり空っぽな 王城の片隅の部屋で 予言の皇子が生まれ落ちた。

ひっそりと付き従う 賢者たち。
ぽつり ぽつりと…
夜闇に紛れ 陰に溶け込み 予言通りに。

「皇妃は… そうか… 予言通りに 自ら身罷られたか。」
賢者たちがひっそりと佇む 王城の一角の部屋に 産婆が長い粗末な布で 
其の体をすべて覆い隠して走り込んでくる。
息が上がっている。

「如何したものか もう一人皇子が 予言に詠まれていない 御子が…」
産婆は 皺くちゃの手で 其の皇子を覆っていた布をそっと 取除き 賢者たちの視線にさらす。
銀灰色の瞳 まるで ひっそりと虚空に掲げられた月のような。

「隠せ 予言にすら見捨てられた御子 予言すら見つける事の出来なかった御子。
人里離れた修道院にでも ひっそりと隠そう・・・・
産婆よ 許せ… お前は 此処で皇妃を守れなかった罪悪感で 自害を選ぶ
だが 安心するが良い お前に連なる者たちは 公職に取り立てるなりして 其れがせめてもの 我らの贖い。
我は我は 其の時まで 消え去る事としよう…。」
産婆は ゆっくりと倒れ 賢者たちは 闇に溶け込み 己が責務の為に野に下る。

流浪の民の幼い少女が 瞳を眇め 流れ征く星を読む。
「夜空と月が生まれたね。まだ 決まっていない運命が一つ 読み切れない…」
少女は ゆっくりと瞳を閉じた。
スポンサーサイト



category: 色とモノ

コメント

ウゾさん、、、
  凄ぃな・・・

 こんな風に色でイメージが膨らむなんて、、、

 >銀灰色の瞳 まるで ひっそりと虚空に掲げられた月のような。

   本当に、この色を見ると、 
     恐れ多くも神々しくも、寂しくもなるような心持~

 
>決まっていない運命が一つ 読み切れない…」

  予言されし御子が神ならば、
  
  詠まれていぬ子は、きっと私達なのだね~

   不完全だけれど、
      不安も希望も、思うがままの。。。。。









 

URL | レイまま☆ #-
2014/07/28 14:18 | edit

レイまま☆さん へ

 こんばんは。
あははっーーー 実はこの断片 途中で言葉に詰まって 放置していたのですよ。

うん 此の予言に読まれていない 予言から見放された子は 崩れ落ちていく王国の希望になるのか 其れとも厄災となるのか。
予言に詠まれていた御子も 運命に流され従うのか 其れとも抗うのか。
如何にもの ファンタジーです。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/07/28 18:30 | edit

これは、いかにも壮大なファンタジーのプロローグのような。
生まれてはいけない双子の片割れ。
秘密を知るものは消され、その子は自分の運命も知らずひっそりと力を秘めたまま育ち、目覚めの時を待つ。
時が過ぎ、月にも見限られた動乱の闇の夜に、地上の銀の月がゆっくりまぶたを開き、輝き出す・・・。
そこでかっこいいオープニング。
ファンタジーも、なんか良いですよね^^
(って、すぐ脳内でアニメ化しちゃってごめんなさい><)

URL | lime #GCA3nAmE
2014/07/28 22:19 | edit

ン?
生まれたのは2人?
どっちも男の子?
で、後に生まれた子は修道院に隠されるのですか?
で、皇妃は勝手に身ごもったって?
片方はイエス・キリスト(?の再来?)
  ↑
バカなコメント★
ワカンナいわー★★
    By 単細胞・・・・・ 

URL | ペチュニア #-
2014/07/28 23:11 | edit

lime さん へ

 おはよう御座います。
そうそう ファンタジーというか ゲームのオープニングというかって感じです。
差し詰め 流浪の民の少女がヒロインポジションで 修道院でひっそりと暮らしている少年と出会い 何か面倒事が起こり…
途中で 昔の賢者の一人に会い 真相を尋ね 予言の真意を探す…
ああっーーー 駄目だーー 僕が書くとファンタジーと言うよりも ミステリーになってしまいそうな予感!!!!

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/07/29 07:42 | edit

ペチュニア さん へ

 おはよう御座います。
うんうん 解り難いですよね 物語のプロローグだけ書いた様なモノですから。
そうです 生まれた二人は双子で 一人は予言で詠まれていた黒い瞳の子供 でも 予言自体が古いモノで…
でも 全ては伝承の予言通りに事が運んでいて 賢者たちには諦めムードが漂っていた。
此の黒い瞳の子が やがて王となり 其の時代にこの国 この世界は終わりに向かうと…
でも もう片一方の銀の瞳の子は 予言にない子で 運命が決まってない子で… 賢者たちは運命から此の銀の瞳の子を隠して 此の世界が終ろうとしている時代の切り札 此の運命から外れていると言う処に希望をみて 賢者たちは賭けにでたのですよね。

まぁ 皇妃は勝手に身ごもった訳ではなく 単に予言が双子と言う処まで 詠みきれなかっただけなのですよ。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。 

URL | ウゾ #-
2014/07/29 07:55 | edit

18:27 に拍手コメント頂いた方 へ

 こんばんは。
うん みずがめ座δ流星群が七月の二十七と二十八の辺りですね。
でも 此の流星群は地味ですからねーー
何方かと言うと 八月の十二 十三辺りのぺルセウス座流星群が派手で… でも今年は 一番流れる頃が満月で… いまいちですね。
お勧めは 寒いですが 十二月のふたご座流星群 凄く派手で すよ 寒いけど…

拍手コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/07/29 19:28 | edit

予言から外れた子ども。
ファンタジーから少し逸脱しているところもまた面白いですね。
そういう子どもが歴史を動かすから余計に面白いです。
実際の歴史でも有名人の子どもが活躍できなかったり、
あるいはまったくの意外なところから歴史を証明したりするものですからね。

URL | LandM #-
2014/07/29 20:08 | edit

う~む

色シリーズも見事に熟してきた感じがしますね~
舞台や方法をあれこれ模索しながら進んでいるというよりも、きっとウゾさんのインスピレーションから生まれたものなんだろうけれど、ウゾさんの世界も広がり続けているんだなぁと思いました。
登場人物が揃って……今から物語が動くのかな。これは絵のような物語ですね。そうか、色の物語だから、絵が浮かぶんですね。

あ、全然関係ないけれど、今テレビをつけたら、4分33秒、やっていました。葉加瀬太郎さんが紹介してました。ウゾさんの記事を思いだしちゃった。

URL | 大海彩洋 #nLQskDKw
2014/07/29 20:57 | edit

ほうう

こんばんは。

王道ファンタジーってこういう風にはじまるんですね。
(かなりわかっていない)

暗闇の中に生まれた一筋の光、希望ってイメージでしょうか。
せっかくだからこのまま連載をはじめちゃってもいい感じですよね。
主人公とヒロインがそろったし。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2014/07/30 03:35 | edit

LandMさん へ

 おはよう御座います。
ああっーー そうかぁーー ファンタジーでは 予言に詠まれた 偉大な救世主とかの方が王道なのかなぁ。

確かに 予言に詠まれた子が 予言通りに歩むのか 予言に抗うのか 其の方向も面白いですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/07/30 08:13 | edit

大海彩洋さん へ

 おはよう御座います。
うん 此の色シリーズは 断片で一回限りと言う気楽なスタンスですから
細かい設定も 何も考えていない 気の向くままのお遊び。
そうそう 物語のプロローグ アニメで言えばオープニングの前の説明の様な感じですね。

そして… 少年たちは…のように話が始まる。

あっ 4分… ああっーー 確かに夏にはいいかも 外で蝉鳴いてるし 風の音 風鈴の音 夏を切り取る4分いいかも。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/07/30 08:21 | edit

八少女 夕さん へ

 おはよう御座います。
うん たぶん違うかも… 
僕 NN も王道ファンタジーのつもりで書き始めて… ダークの方のファンタジーになっているし…

この場合 予言の子が主人公なのか 予言から外れた子が主人公なのか… どちらに視点を置くかによって変わりそうですね。

コメント有難う御座いました とても嬉しいです。

URL | ウゾ #-
2014/07/30 08:25 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://uzo242.blog.fc2.com/tb.php/997-daf37ee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)